前へ
次へ

税理士試験の合格率は低く、難しい試験です

税理士とは、私達の税に関する諸々のこと、つまり税務のプロフェッショナルです。確定申告等の税務署への申請を代行したり、申請書類を作成したりする他、税に関する悩みがあれば相談にも乗ってくれます。主に自営業の方々と仕事をすることが多いですが、一般市民にも関わりのある重要な職業です。税理士になるには税理士試験に合格し、資格を取得しなければなりません。受験資格についても細かく定められていますので、きちんと調べることが必要です。この試験は非常に難しいと言われています。合格率がかなり低いのです。試験は会計学に属する科目を2科目と税法に属する科目を3科目で、合計5科目に合格しなければなりません。その合格率はそれぞれ平均して10〜20%となっています。一年で全部の科目に一発合格することは難しく、多くの受験生が何年かに渡って受験に挑み、合格を勝ち取っています。これほど合格率が低いということは専門性が高いということであり、税理士がいかに責任の重い職業であるかがわかるのです。

top用置換

top用置換2
Page Top